DPAT,DDAC,MTCSS、Crystallizedシリーズに代表されるハイエンドオーディオ機器はもちろん、オリジナルポータブルオーディオ機器,PC audio(PCオーディオ)やHTPC,そしてAV機器などオーディオだけでなくコンピューター,アナログ技術を駆使して高度なオリジナル商品,カスタム商品,カー用品をお届けする それが OJI Specialです。改造、特注などのカスタム品 custom-made もお気軽に

Magnification Total Clock Synchronized System Unit
MTCSS Unit 8128U / UA 新製品
2014/04/25発売

ビット単位の 高倍率マスタークロック同期
全てのオーディオファンに ハイレゾ対応10MHzマスタークロック同期
現在のSPDIF接続システムを変えること無く ルビジウムクロックなどの同期も可能
コントロールは高音質再生を妨げるランダムノイズの原因となるCPUコントロールを使わないハードウエアロジックのみで構成

8028UA_new前面斜め高精細2.jpgMTCSS UNITは、CDプレイヤー、PCオーディオなどの SPDIFデジタル伝送時 DAコンバータとの間にシステム構築する マスタークロック同期システムです。
ルビジウムクロックなどの原子クロックや高精度クロックなど、デジタルオーディオの音質向上には優れたクロックが必要です。
デジタルオーディオの業務機や一部のハイエンドDACでは、装着されている ワードクロック端子を利用しクロックジェネレータを併用することで、ルビジウムクロックなどの超高精度クロックを利用し、高音質化を目指して来ました。
しかしながら ワードクロック端子を備える機器はほとんど無く、さらに 内部で使用しているビット単位のクロックまでも10MHzマスタークロックから高倍率で同期するシステムとしては皆無で、音質や機能に満足できるトランスポートやDAC を使用して原子クロック同期システムを構築するのは至難の業で一部の超ハイエンドオーディオファン、もしくは CD製作メーカーなどしか味わえないシステムでした。スイッチ設定-1.jpg
 MTCSS UnitはPCMオーディオの最後の要となるクロックに関して、技術的にも機材も、そして予算的にも難しい 高精度クロックやルビジウムクロックユニットなどの外部同期システムを望む、全てのPCMデジタルオーディオファンの為に開発した最新の画期的なシステムです。


MTCSS とは

MTCSSマーク電子雲3.gifMagnification Total Clock Synchronized System は、内部で使用されている様々なクロックを1つの10MHzマスタークロックから発生させ、全てのデジタルオーディオ動作をおこなう トータルクロック同期システムです。さらに MTCSS Unitは、ワードクロックよりも遙かに高精細な ビット単位での同期に対応するユニットになっております。

異なる周波数だけでなく、表示は同じでも誤差で異なる周波数の場合や同一周波数でも位相がずれているクロックは相互に影響し合いデジタルオーディオで大切なクロックを汚してしまいます。これらを 1つの10MHzクロックで動作させることでクリーンなシステム構築をおこないます。

一般的に言っている リクロックとは全く異なる動作です。
デジタル信号には全てジッターが含まれており、ジッターのある信号で整列させてもジッターが消えるわけではありません。クリーンなクロックでデジタルを信号を処理しなければ根本解決にはなりません。
MTCSSは 汚れたクロックを再利用せず、専用のクロック又は 外部からの10MHz入力で全ての機能が動作します。

MTCSS Unit内部に搭載されている 10MHzマスタークロックは、厳選したクロックを使用。
お手持ちの SPDIF接続されている CDトランスポート と DACの間にシステムアップすることで サーボやディスプレイスキャンなど CDトランスポート内で汚されたクロックを断ち切り、新に10MHzマスタークロックで動作するMTCSSの世界を堪能することが可能です。

MTCSS役割2.jpg内部動作イメージ

MTCSS1.jpg


ハイレゾリューション対応10MHzマスタークロック動作

MTCSS Unit 8128U/UA はハイレゾリューションデータも10MHzマスタークロック動作対応
24bit96KHz や 192KHzと言ったハイレゾリューション入力に対応しています。 これらのハイレゾリューションSPDIFデジタル信号のクロックを MTCSS Unitは 10MHzマスタークロックに差し替えてそのまま出力します。
入力は SPDIF Optical, SPDIF Coaxial、AES/EBU(8128UA)
コアキシャル入力のみならず Optical入力も192KHzの信号で動作確認し出荷しております。
出力は SPDIF Coaxial、AES/EBU(8128UA)




MTCSS Unitの役割

MTCSSは 192KHzと言ったハイレゾリューション信号をさらに極限までその性能を引き出す為だけのものではありません。 最高の性能を追求するために、デジタルオーディオで必要な、サーボやディスプレイなど様々なノイズを断ち切り、MTCSS Unit内の10MHzを使用し、オーディオデータを生きた音楽に戻すために最も大切なクリーンなクロックを与える という事のみならず、様々なテクノロジが搭載され操作することが可能です。

現在流通している もっとも多くの音楽アルバムは CDです。 気に入った音楽や素晴らしいと評価されている音楽の多くは CDが主体で44.1KHz 16Bitで処理されています。
しかしながら 人の可聴帯域や一般オーディオ機器のダイナミックレンジ程度のデジタル処理であり、最新の機材を活用しているとは言えません。
これら ハイレゾデータだけで無く、CDデータの性能も100%引き出すために様々な機能が搭載されています。

たとえば CDのデータは44.1KHz16bitとハイレゾリューション音源からすると、どうしても性能が低く感じてしまいますが、実際には、良い音楽を気軽に鑑賞するには十分なデータ量が確保されており、そのデータの処理方法によってはまだまだ可能性があるシステムになります。いつも聞いているお気に入りの曲をもっと良い音で聴きたいと願うのは オーディオファンだけで無く音楽ファンも同じです。
それらで利用されているデジタルオーディオには欠かせないフィルタですが、カットオフ周波数付近では位相が狂い、せっかく高度にデジタル処理されている音楽データを100%使い切っているとは言えません。
また サンプリング周波数が決まっている事による、復調時に発生する本来無いはずの階段状の歪みを如何に消すかも音楽データをきちんとアナログデータに戻す大切な要素になります。
MTCSS Unitはサンプルレートコンバータが搭載されていて たとえば44.1KHz16Bitのデータを192KHz や 96KHz といった24bitに変換し出力することで 最新高性能DACの性能を使い切ることが可能になります。
さらに MTCSS Unitは 高倍率同期の名前の由来となった、ワードではなく ビット単位の内部処理に対しても 10MHzから生成した、高倍率のクロックを使用して同期させます。

MTCSS Unitを通し、今まで聞き慣れた大切な曲を聴き直して下さい。 きっとその音質に驚きを覚え、新しい発見が有ることでしょう。
●24bit192KHz入出力対応 10MHz単一マスタークロック動作
●24bit192KHz入出力対応 10MHz外部アトミックマスタークロック動作
●MTCSSクロック総合動作
●ご使用機器、ケーブル性能に合わせたフォーマット対応
  CDトランスポートなどの24bit192KHzなどへのアップサンプリング変換
  ハイレゾリューション信号のダウンサンプリング
  内部動作クロック倍率変更等
●デジタル伝送規格の相互変換 (SPDIFコアキシャルと業務用デジタル音声信号伝送規格との変換など)


10MHzアトミックマスタークロック同期

オーディオデジタルデータをアナログデータに戻す際に大切なのはクロックです。
CDなどのデジタルデータには 録音された時の大切な時間軸情報は含まれておりません。CDですと 44.1KHzの正確なクロックで元の音楽データに戻すことが前提なのです。
この時間軸情報となるクロックは 再生時にシステム内で与えてアナログデータに戻すものであり、このクロックが不正確だったり、揺れ(位相雑音)があったりしますと CDを作った際に意図した音楽データに戻らないことは容易に想像できます。
また デジタル処理には ビット単位でおこなう更に高倍率のクロックが必要です。
高音質再生にはデータの正確性だけで無く、再生側に正確なクロックが必要なのです。 
現時点でもっとも優れた精度のクロックは 原子クロックであり、ハイエンドオーディオやマスタリングスタジオなどのプロのオーディオ現場ではルビジウムクロックが多く使われております。

また クロックは位相雑音という、中心周波数近傍の揺れが必ず存在し、どんな正確なクロックでもそれぞれ音質の異なるシステムになります。アトミッククロックはもちろんのこと、超高精度水晶を使った発振器、音質が優れたクロックソースなど、 MTCSS Unitは 世界的な標準となる10MHzのクロックを使いSPDIFを生成することが可能です。
MTCSS Unit は、従来10MHzのマスタークロックを利用するときに必要だった クロックジェネレータは不要でダイレクトに入力可能です。 

10MHzルビジウムアトミッククロックなどの クロックと MTCSS Unitさえあれば 夢だった ルビジウムクロックを使ったハイレゾリューションオーディオシステムも構築出来ます。

MTCSS2.jpg

DPAT Seven64 Model 496とのトータルマスタークロック同期

MTCSS3.jpg
DPAT Seven64 Model 496はDPAT内部の10MHzマスタークロックで動作しております。 位相差のある様々なクロック発振器が同居しない、クリーンな環境での再生を目指しましたが、MTCSS Unitを使うことで、DACに出力されるデジタルデータの処理全てをDPAT Seven64 Model 496搭載の10MHzマスタークロック動作させることが可能です。

もちろん 10MHzマスタークロック同期環境で作られたSPDIF内のクロックをあえて捨て、さらに外部からルビジウムアトミッククロック等入力し、クロック毎に異なる音質の変化を楽しむことも可能です。

DDAC_Unit 接続

MTCSS UnitはD_DAC Unit専用外部インターフェースが搭載されています。
デジタルデータとクロックを混ぜること無く 個別に伝送し、rubidium Clock や高精度クロックで同期されたクリーンな状態で DACを動作させることが可能です。

MTCSS_FULL-2.jpg

ノイズを混入させない ハードウエア処理

視覚的な要素となる 周波数表示などのディスプレイはノイズの発生源として知られています。
文字を表示させるために 表示用クロックでスキャンをしたり、様々なデジタル的な動作をするからです。
また ソフトウエア的な表示処理は 発生する動作周波数も決まっていない非同期ノイズとなり、一度発生してしまったこれらのノイズを取り去るのは至難の業です。
これらのノイズは 音楽データをアナログデータに戻す際に大切なクロックに混入しノイズとなって汚してしまいます。
MTCSS Unitでは スキャンを必要とする文字ディスプレイなどの表示器は一切排除し、クリーンな動作を目指しました。

信号の流れを考慮した 配置とシステム

オーディオではその役割にあわせた配置が大切です。クリーンなクロックシステムを構築する場合にも同様で、それは端子から機器内部にも及びます。
MTCSS Unitは 入出力関係など オーディオ的に十分考慮した 配置やシステムとし リーケージフラックスなど ノイズの発生がほとんど無いトランスとしては最高峰となる トロイダルトランスを使用したり、ノイズを伝導する原因となる 鉄などの磁性体を徹底的に排除した 極厚オールアルミ 二重シャーシケース、放熱のための空気孔は高価なステンレスメッシュを採用するなど、ハイエンド再生に必要なアトミッククロックを理想的に使うために、妥協をしないクリーンクロック同期を目指しています。
また 外装パーツ装着ネジはもちろんのこと、内部基板装着ネジ、基板装着スタッドなど、全てステンレスやBS(ブラス)製の非磁性体構造とし、徹底した非磁性化をおこなっています。

多彩な入出力対応

MTCSS Unitは現在のPCMオーディオで使われている多くのデジタル入出力に対応しています。
フォーマットは PCM 16bit 44.1KHz ~ 24bit 192KHzまで対応
出力は入力の影響を断ち切るために設定された固定出力になります。入力のサンプリングレートが変わっても出力サンプリングレートが変わること無く動作可能です。

※DACによってはサンプリングレートが変わる際に音楽が途切れる場合や保護回路が働くことがありますが、MTCSS Unitを使用する事で、PCオーディオなどで起こるこれらの現象を回避出来る場合があります。

入力
SPDIF 光 / SPDIF 同軸 / AES/EBU

出力
SPDIF 同軸 / AES/EBU

※AES/EBUは製造時指定工場オプション

外観

8028UA_new斜め1-1.jpg特注 8128 UA
8028UA_new前面2-a.jpg特注 8128 UA 正面8028UA_new背面2-a.jpg特注 8128UA 背面


8128UA背面1.jpg8128UA  標準品

仕様内容

■内部 マスタークロック周波数 10MHz
■入力 16bit 44.1KHz -24bit 192KHz
SPDIF optical
SPDIF RCA Coaxial
AES/EBU (8128UA)

■外部クロック入力
10MHz Master Clock BNC
MTCSS Special Clock BNC

■出力 16bit 44.1KHz -24bit192KHz
SPDIF RCA Coaxial 
AES/EBU(8128UA)
DAC Unit コントロールデジタル I2S DSUB出力 
(DAC UNIT)

■出力サンプリング操作
44.1 / 48 / 88.2 / 96 /176.4 / 192 KHz

■ 電源 AC100V 30W 

■ 大きさ 430(W) x 88(H) x 230(D)  足、スイッチ、コネクタ等の出っ張り含まず
   質量 約4.5Kg
■ 付属品 製品マニュアル

■ 製造時特注オプション(別料金)

・192KHz対応 OPT出力
・117V 240Vなどの電源電圧変更
・インピーダンス変更
・カラー変更 シルバーヘアライン 
その他 ご使用機器に合わせた設計変更は可能な限り承ります。

■ 販売予定価格 
8128-U  461,800円(税抜き)
8128-UA (AES/EBU入出力付き) 503,000円(税抜き)

※印刷表示は別途オプションとなります。価格等の詳細は、お問い合わせお願いいたします。
お問い合わせ
■オプション
BNCマスタークロックケーブル 8128-XBNC 45,000円(税抜き)
8128-XBNC.jpg

マスタリング現場など超高精度ルビジウムクロックを生かすオーディオ用として テストを重ねてきたマスタークロック伝送専用ケーブル。
DPAT Seven64 Model 496と MTCSS Unitを接続するMTCSSクロック用としてもお使いいただけます。
BNCタイプ 10MHzオーディオマスタークロック専用ケーブル ・ 長さ 70cm 50Ω



SPDIF Carbon Coaxial Cable 8128-XCOA 53,000円(税抜き)
8128-XCOA.jpg8128-XBC 
徹底的なにノイズ対策を施した クロック同期を最大限に生かすカーボンタイプ SPDIF Coaxialケーブル

ピュアカーボンシース ・ ロジウムメッキカーボンプラグ
 (FURUTECH α(Alpha)プロセス処理(-196℃での超低温処理&特殊電磁界処理)
長さ 70cm 75Ω











※1 一部補強材料として鉄部材使用あり
※2 入出力端子はカスタム可能です。AES/EBUは生産時工場オプションとなります。
※3、仕様は 性能向上等のため 予告なく変更することがあります。予めご了承願います。 
※4 本製品は 受注生産 カスタム製品のため 発注時 仕様確認をして製作いたします。

リファレンスオプション

リファレンスコバルト電源ケーブル


リファレンス スパイクタイプインシュレータ