DPAT,DDAC,MTCSS、Crystallizedシリーズに代表されるハイエンドオーディオ機器はもちろん、オリジナルポータブルオーディオ機器,PC audio(PCオーディオ)やHTPC,そしてAV機器などオーディオだけでなくコンピューター,アナログ技術を駆使して高度なオリジナル商品,カスタム商品,カー用品をお届けする それが OJI Specialです。改造、特注などのカスタム品 custom-made もお気軽に

Carrying Balanced Head Phone Amplifier(特注タイプ)


ハイエンドバランスヘッドフォンを町に連れだそう!
phpa1b.jpgハイエンドなのに 電池駆動! バランスヘッドフォンアンプなのにこんなにコンパクト! さらに信じられない高音質!

こんなヘッドフォンアンプが欲しかった! さあ ハイエンドバランスヘッドフォンを町に連れだそう! OJI Specialが実現しました。

ポータブル環境の限界。それは ポータブルが故 良いと分かっていても出来なかった バランス駆動ではないでしょうか!

共通インピーダンスを持たず、ドライバーユニットを 正負対称にドライブするという スピーカーやヘッドフォンの理想のドライブを実現する バランス駆動。耳に一番近く細かな音も減衰することなく 更に環境ノイズの影響を受けにくいバランスヘッドフォン。だからこそこだわりたい! ハイエンドオーディオを超えたい!
phpa1c.jpg一般のアンバランスアンプの二倍の回路を持つバランス駆動。電力消費も大きく さらに大型になり、バランスの特長を生かしたハイエンドポータブル環境では不可能と思われていました。
しかし OJI Specialはあきらめません。 
不可能と言われた デジタルオーディオでこれ以上の完璧はない バイナリ一致を実現、さらに デジタル領域から完全バランスを実現した DDAC-Pro2.それらの高度な技術を生かし、バランスドハイエンドヘッドフォン用ポータブルアンプの誕生です。
phpa1d.jpg
比較視聴は 当然 ハイエンドヘッドフォンショーにも出品した OJI Specialの完全バランスアンプ。 ポータブルだからと妥協はしていません。

ポータブルだからハイエンドには出来ない事を実現

ポータブル、そして低電圧だからこそ 逆にハイエンドには出来ない事も出来ます。ハイエンドを抜きたい! だからハイエンドには出来ない事を フルに行いました。
信号が通るコンデンサーは当然のごとく全て誘電損失の少ないフィルムコンデンサー。出力は 直結。
電源の電解コンデンサーは通常のアンプでは絶対に排除出来ませんが、電源回路も信号で電流値が変わるわけで、ある意味信号が通るとも言えます。本機では大容量コンデンサーも全て 温度変化に強く理想的なドライブが可能なOSーCONといたしました。
一般のアルミ電解コンデンサーを使わない、アルミ電解コンデンサーを通らない音質。初めて聞く音質だと思います。
もちろん 理想型を追求するOJI Special。出来れば 0オームの内部インピーダンスでドライブしたい!そんな 理想に燃え スピーカーも駆動する低インピーダンス駆動を実現。8オームのスピーカーもならすことが可能です。イベントデモでは実際にお客様に聞いていただきました。ただ鳴るだけでなく高音質。低インピーダンス駆動なのに 電池駆動。単4電池3本で動作します。信じられますか!
phpa1a.jpg
内部は 回路を銅製シールドで覆うなど 徹底したSN対策を施しています。
初段に入り 音質劣化となるやすいボリュームは 東京光音電波製のユニットを使用。ポータブルといって妥協はいたしません。徹底したこだわりようです。
ヘッドフォンという スピーカー以上にハイエンドを求める人のために徹底した対策を行っています。

バランスドライブされた 鮮烈で重圧 そしてスピード感のある あの低音。しかし ゆったりと最後の余韻まで聞き取れる分解能と優しさ。
そして 抜けが良く 息使いやホールの雰囲気まで読み取れる 中高域。
バランスドライブをするとこうなるのです。

あなたは この音質が信じられますか!?

これが ポータブルの新時代。
是非 ハイエンドDACとハイエンドヘッドフォンをつないで視聴してください。


仕様 Carrying Balanced Head Phone Amplifier
入力 アンバランス入力 Φ3.5ミニジャック ステレオ入力1ヶ.
出力 バランスド出力 Φ3.5ミニジャック 出力2ヶ(LR)
XLRコネクタへは変換ケーブルにて対応(コバルト仕様)
形状 約65×27×140mm(ボリュームつまみとスイッチ含まず)
電源 単4アルカリ乾電池 3本

販売価格 特注製作 105000円~  (使用パーツ、ゲインなど特注に応じます)
1) ゲイン切り替え パネル面スイッチによる切り替え可
2)ボリューム変更(東京光音電波製など)
3)コンデンサー変更 (オーディオ用ハイエンドフィルム、指定コンデンサー)
4)ワイヤー変更 純銀ワイヤー等
その他 ご希望に沿ってお打ち合わせの上製作いたします